【猫の引っ越し】ストレスを減らす方法9選!急な転勤・引っ越しでもストレスフリーに!

スポンサーリンク

 

こんにちは!すーぴーです☺

いよいよ引っ越しシーズンが近づいてきました

「犬は人につく 猫は家につく」

と言われるほど

猫は自分のテリトリーを大事にし環境の変化に敏感です

 

猫を飼っている方は

出来るだけ猫の負担にならないようにしたいですよね

 

引っ越すことになったが猫のストレスが心配

引っ越しで猫のストレスを軽減できる方法はないか

引っ越しが多い転勤族でも飼えるのか

とお悩みを解決します

 

この記事で分かるのは以下の通り

・引っ越しでかかる猫へのストレスとサイン

・引越し時の猫のストレスを出来るだけ軽くする方法

・猫の引っ越しで気をつけること

 

 

私自信転勤族で猫を飼っていますので有益な情報をお伝えできればと思います

 

ぜひご覧ください!

スポンサーリンク
すーぴー

すーぴーです.転勤族で白猫と暮らしています.
転勤や出張が多いけど猫を飼いたい,賃貸やマンションで暮らしているけど猫と暮らしたい,そんな方へ向けてお役立ち情報を発信していきます.

猫 / 旅行 / 便利グッズ etc.

すーぴーをフォローする

引っ越し時に見逃せない猫のストレスサイン

普段の様子と違うことが猫のストレスサインです

どの猫にも当てはまる!といったサインではありませんので

普段の様子をよく観察しておくことがポイントです

 

ご飯を食べなくなる

猫は自分の好きなタイミングで好きな量を食べます

いつもよりエサが残っている量が目立つようであればストレスを感じているのかも知れません

 

好きだったおもちゃで遊ばない

もともと気分屋でマイペースな猫ですが

今まで好きだったおもちゃなのに

急に見向きもしなくなったときはストレスサインかも知れません

 

過剰なグルーミング あるいはグルーミングしなくなる

グルーミングは猫がリラックスしたタイミングで行います

ストレス解消にもなっているようです

極端にグルーミングの回数が減っている

または過剰なグルーミングをする場合はストレスサインと考えて良いでしょう

 

隠れて出てこない&活動しなくなる

もともと猫は箱の中やベッド下など

暗くて狭いところを好みますよね

ところが

探しても目につかない場所にいる

ご飯やおやつの時間になっても出てこない

場合はストレスを感じていたり怖がっている可能性大です

 

鳴き声を発さなくなる

あまり鳴かない猫も多いので

判断に難しいと思いますが

普段良く「ニャッ」と挨拶してくるのに

あまり鳴かないな〜というときは

ストレスを感じているのかも知れません

 

攻撃的になる

大人しい性格の猫が

威嚇するポーズを取ったり

噛み付いてくる

場合は怖がっている あるいは ストレスを感じている可能性があります

 

帰省した際に今まで見たことないような

シャーッという威嚇ポーズを見せたので

これは再現性高いかもしれません

 

粗相

トイレに失敗するのはストレスを感じている可能性が最も大といえます

普段は成功しているのに

1度でも失敗した場合はストレスを感じていると思って良いでしょう

 

スポンサーリンク

猫にかかるストレスを軽減する引っ越し方法

引っ越し作業と一口にいえど

色々なシチュエーションで対策や出来ることが変わってきます

引っ越し準備中〜当日

荷造りでドタバタしたり

部屋のレイアウトが変わったりして環境が変わるのも猫にとってはストレスになりかねません

 

一時的に預ける

引っ越しで猫にとって最もストレスになるのが

騒音

と言われています

 

引越し準備中は

引っ越し業者のスタッフなど他人が複数出入りしたり

荷物の荷造りや部屋の掃除で騒音がでたりしますよね

 

警戒心が強い猫にとってはかなりストレスでしょう

 

一時的にペットホテルや知人宅、実家に預けて

出来る限り騒音から遠ざけると○

 

ペットホテルも兼ねている動物病院もあります

預けている間にペットの健康診断をしてもらうのもアリですね☺

 

部屋を分けておく

ペットホテルや他所に預けるでも猫にとっては環境が変わるため

多少なりともストレスを与えてしまいます

そこで

あらかじめ猫用に部屋を空けておき

作業が終わるまではそこで過ごしてもらうのが良いでしょう

1部屋しかない あるいは 部屋を用意できない場合は

短時間ならケージやキャリーに入れて車で過ごしてもらっても良いですね

冬や夏などは温度にご注意を☺

 

移動中

移動中はどうしても猫へのストレスは避けられません

できれば様子を見ることができる自家用車での移動がオススメです

移動が長距離になる場合はペットケアをしつつ引越し先まで搬送してくれるペット専門の配送サービスもあるようなので

こちらを利用するのもいいですね

キャリーに入れる

猫が興奮して運転の妨げにならないよう

キャリーに入れて運びましょう

 

目隠しをする

移動中は景色が目まぐるしく変わって

猫の気を引く要素が多数ありますので

できれば毛布などでキャリーを包んで目隠ししてあげるのがオススメです

 

定期的に様子を見る

定期的に休憩をはさみ、猫の様子を見てあげると

猫も安心できます

たまに眠っていることもありますので

この時は寝かせておきましょう

キャリーには水飲みがありませんので

水を飲ませることも忘れずに☺

 

移動中のご飯は詰まらせたり戻したりする原因になりますので避けたほうが良いです

 

粗相をする場合もありますのでペットシーツを敷いておくと良いですよ☺

 

 

新居

一通り荷物の搬入が終わったら

猫のスペースを作ってあげましょう

最初はケージ内で

慣れてきたら1部屋内でといった感じで

徐々に猫のスペースを広げていくと良いです

 

ケージの目隠し

慣れない環境で猫も怯えて警戒しています

ケージを毛布などで包んで視界を狭めてあげることで落ち着きます

 

ニオイの付いたおもちゃや毛布

猫は自分が知っているニオイがあると安心できます

新居では心機一転モノを買い替えたくなりますが

猫が長く使っていたりニオイの付いたものは

捨てずに持っていくようにしましょう

 

猫のペースに合わせる

猫が自分から出てきたり

ご飯やトイレをするようになれば

ちょっとずつ慣れてきたサイン

 

それまでは無理やりケージから出したり

いきなり抱っこするのは避けましょう☺

 

適度に見守る

引っ越し直後は荷解きや手続きで忙しいですが

猫の様子を見守るのは忘れずに☺

構い過ぎはよくありませんが

適度にそばにいてコミニュケーションを取るのが大事です☺

 

スポンサーリンク

その他猫の引っ越しに関して注意したいこと

脱走

新しい環境に猫も興奮し

普段より活発に行動的になる場合があります

 

窓やドアは締める

ペット用の柵を用意するなど

 

脱走には十分注意しておきましょう

 

 

かかりつけを探す

引っ越してからは環境の変化やストレスで体調を崩すことがあります

いざ!というときに備えて近隣の獣医やペットショップはチェックしておきましょう

【見逃せない!】猫の病気のサイン9選&お家でできる健康チェック!

手続きを忘れずに

マイクロチップを植え込んでいる場合は住所更新や

新居に提出するペット届けが必要です

万が一脱走してしまった際にも住所変更は重要です

忘れずに手続きしましょう

 

転勤族でも猫を飼えるのか

頻繁な引っ越しでないなら飼える

猫は縄張り意識が強く引っ越しや転勤族は飼っていけない

と聞いたことがありませんか?

私自身転勤族(転勤の頻度は少ないものの)ですが、これには随分悩みました

 

が、あまり頻繁でないなら大丈夫みたいです

 

引っ越しは1度経験しましたが、今のところ新しい場所にも慣れているようです

※私見です

 

すっかり落ち着いている様子

 

飼い主の匂いが染み込んだものやお気に入りおもちゃを用意してあげると安心できるのかも

繰り返しになりますが

猫のペースに合わせる

ニオイや落ち着ける環境を作ってあげる

構いすぎない

コレがポイントです☺

 

ただし物件が少ない

新居探しでペット可の物件が少なく

とくに猫が飼える物件が少ないのが転勤族の猫飼いで苦労する点です

 

見つかっても職場や学校から離れていたり

木造や階数など住みたい条件に沿わないこともしばしば

 

愛猫と暮らすためにはちょっとした不便は我慢ですね☺

 

 

まとめ

猫のストレスを出来るだけ軽減できる

引っ越しのポイントを紹介しました

新居でも愛猫といっしょに楽しく暮らしたいですね☺

この記事を書いた人
すーぴー

すーぴーです.転勤族で白猫と暮らしています.
転勤や出張が多いけど猫を飼いたい,賃貸やマンションで暮らしているけど猫と暮らしたい,そんな方へ向けてお役立ち情報を発信していきます.

猫 / 旅行 / 便利グッズ etc.

すーぴーをフォローする
スポンサーリンク
すーぴーをフォローする
すーぴーにっき

コメント

タイトルとURLをコピーしました