【猫の毛玉対策】毛玉ができにくいブラッシングのやり方 嫌がる時の対処法

スポンサーリンク

 

こんにちは!すーぴーです☺

 

・毛玉がスグに出来てしまう

・嫌がってブラッシングさせてくれない

・大きな毛玉はどうしたら・・・

 

こんなお悩みを解決します。

長毛種ではブラッシングしたのにスグ毛玉が出来ている、ブラッシングを嫌がってさせてくれないなど毛玉問題によく悩まされますよね(´ε`;)

 

 

もふもふの毛並みを守りたい、、、!

この記事で分かることは以下の通り

✔オススメの毛玉対策

✔猫が嫌がるときの対処法

✔大きな毛玉のとり方や対処法

ぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク
すーぴー

すーぴーです.転勤族で白猫と暮らしています.
転勤や出張が多いけど猫を飼いたい,賃貸やマンションで暮らしているけど猫と暮らしたい,そんな方へ向けてお役立ち情報を発信していきます.

猫 / 旅行 / 便利グッズ etc.

すーぴーをフォローする

■オススメの毛玉対策

 

ブラシを使い分ける

猫用ブラシの種類は以下の通り

ピンブラシ
一般的な猫用ブラシで、先端に丸いピンが付いています
猫の肌を傷つけず優しくブラッシングできます
天然毛ブラシ
豚や馬毛を使ったブラシで主にツヤ出しで使います
天然の毛を使ったブラシなので水分や油分が含まれており
しっかりほぐしてあげることでツヤが出ます

コーム
金属製のクシで目が粗いところと細いところがあります
ブラッシングの仕上げや毛玉をほぐすときに使います

ラバーブラシ 
ゴム製のブラシで手袋タイプとブラシタイプがあります
ブラッシングを嫌がる猫にも比較的使いやすいです

スリッカーブラシ
抜け毛が増える換毛期に重宝します
ブラシの先端が鈎状になっていて毛がサクサク取れます

 

 

日頃のブラッシングはスリッカーで

日頃使っているブラシはスリッカーブラシです

順番は背中から始めて少しづつブラッシングしていきます(`・ω・´)ゞ

  1. 背中
  2. 頭、顔周り
  3. 嫌がらなければ足、しっぽ

ごろごろしてきたらお腹や脇に進みましょう!

 

 

換毛期や時間があるときはファーミネーターや豚毛ブラシで艶出し

換毛期で全体に毛量を減らしたい時はファーミネーターを使います

軽く滑らせるだけで大量の毛が取れるので使いすぎ注意です

 

 

 

それが終わるとコームで軽く毛並みを整えて豚毛ブラシでツヤだしをしています

 

 

顔周りや脇、足の付根は優先的にブラッシング

毛玉対策は

日頃のブラッシングが大事

よく言われますが

 

うちのペルシャのような長毛種では毎日するのが基本となります

 

 

なかなか

毎日ブラッシングするのは難しいですよね

 

 

どうしても3日に1回

4日に1回

気づけば1週間ブラッシングしてな・・・(ΦωΦ)

 

猫飼いあるあるですね

 

とはいえ

ブラシを使い分けて効果的に毛を取れれば

気づいたときには大きな毛玉ができてどうしようもない・・・

という状況は防げると思います

 

顔周りの毛玉が口の中で引っかかっていたり

足の付け根や脇の毛玉は気づかないうちに大きくなりやすいので

この部分は念入りにブラッシングするようにしています

 

バリカンで根本から刈る

毛玉ができやすい場所は以下の通り

✔首周り

✔脇

✔足の付根

 

 

毛玉が大きすぎると皮膚を引っ張って皮膚荒れや痛みの原因になります

これはバリカンを使って早めに除去してあげましょう

電池残量を少なめにしておくとバリカンのモーター音を抑えることができ、猫がびっくりしなくなります(*´∀`*)

 

 

毛玉の根本の毛を一本一本刈っていき

毛玉を剥がすイメージですね

 

獣医やペットショップでトリミングしてもらう

バリカンがない

もしくは

バリカンでもどうしようもない毛玉は

 

潔く獣医さんかトリマーさんにお願いして処理してもらいましょう

 

スポンサーリンク

■毛玉対策 嫌がって暴れてしまうとき

ブラッシングは1度にやらない

猫は気まぐれなので

飼い主のタイミングでブラッシング出来ないことも多いですよね

 

私は自分の作業中にごろにゃーしてきたら

顔周りをブラッシングして放置

また寄ってきたら

次は背中

といった感じで

猫が嫌がる前にブラッシングをやめるようにしています

 

出来そうなところからちょっとずつがポイントです

 

手ぶくろタイプのブラシを使う

それでも嫌がる猫には

手袋タイプのラバーブラシがおすすめ!

撫でたり遊んだり

のついでにブラッシングできちゃいます

 

スポンサーリンク

■毛玉のとり方

私の場合

2cmくらいまでの毛玉なら自宅で処理できましたが

猫の様子を見ながら

決して無理はしないでください☺

スリッカーで細かく動かす

猫の皮膚を引っ張らないように注意して

毛玉の部分だけをスリッカーでほぐしていきます

細かくシャッシャッと動かすと案外小さくほぐれていきますよ

 

コームを縦に入れてほぐす

出来て時間が経った毛玉は

皮脂も混じってフェルト様になりますよね

コームを縦に入れてほぐしていくと

少し毛玉がゆるくなりますので

スリッカーと組み合わせてさらにほぐしていきます

 

■まとめ

いかがでしょうか?

気をつけていても

どうしても出来てしまう毛玉

出来ることなら自宅で解決したいですよね

 

愛猫の毛玉対策に

ぜひこの記事を参考にしてみてください☺

 

抜け毛対策はコチラもどうぞ♪

【朝のバタバタを解消】猫の抜け毛対策!【スグ実践できる】

この記事を書いた人
すーぴー

すーぴーです.転勤族で白猫と暮らしています.
転勤や出張が多いけど猫を飼いたい,賃貸やマンションで暮らしているけど猫と暮らしたい,そんな方へ向けてお役立ち情報を発信していきます.

猫 / 旅行 / 便利グッズ etc.

すーぴーをフォローする
スポンサーリンク
すーぴーをフォローする
すーぴーにっき

コメント

タイトルとURLをコピーしました