【猫にとって居心地の良い部屋作り】部屋が狭くても大丈夫な理由3選!

スポンサーリンク

こんにちは!すーぴーです。

 

猫にとって居心地がいい部屋が知りたい
猫を飼うのに必要な広さが知りたい
部屋のレイアウトで気をつけることが知りたい

こんなお悩みを解消します

 

猫にとって狭い部屋だとストレスを感じると聞いたことはありませんか?

実際のところ賃貸やマンションで猫を飼うには広さが制限されてしまいますよね

この記事では「どの程度の広さがあれば、猫がストレスなく暮らせるのか」についてご紹介します。

気をつけるポイントや狭い部屋が猫飼いには適している理由も分かります!

 

結論、猫にとって居心地のいい部屋とは以下の通り

  • 静かで高いところがある
  • 広さは1LDK程度でOK
  • 脱走に気をつければレイアウトは自由

賃貸でも十分猫を飼うことが可能です♪

ぜひご覧ください☺

賃貸で飼いやすい猫とは? 毛並み・性別・体格などの特徴から比較

【賃貸・マンションでも飼いやすい】大人しい性格の猫種3選!

スポンサーリンク
すーぴー

すーぴーです.転勤族で白猫と暮らしています.
転勤や出張が多いけど猫を飼いたい,賃貸やマンションで暮らしているけど猫と暮らしたい,そんな方へ向けてお役立ち情報を発信していきます.

猫 / 旅行 / 便利グッズ etc.

すーぴーをフォローする

猫にとって居心地がいい部屋とは?

静かな環境

猫は静かな環境を好み、いきなり大きな音を出されるとストレスの原因になります

 

具体的なポイントは以下の通り

人通りや車通りが少ない

工事や大型のショッピングセンターなど騒音が少ない

大声を出したり追いかけ回す人(子ども)がいない

 

 

猫が落ち着ける場所がある

猫は広く見渡せる高い場所を好みます

また窓際など暖かい場所も好んでくつろげるようです

猫がお気に入りの場所を見つけたらそっとしておくのが良いでしょう

 

トイレがキレイ

猫はとてもキレイ好きです

トイレが汚れていると

粗相や膀胱炎などの原因になります

こまめに掃除してあげましょう

 

 

スポンサーリンク

広さは1LDK程度がオススメ

猫が居心地がいいと感じる = 広い部屋ではありません

 

猫を飼う場合、部屋の広さは1LDK程度あれば十分です

私もペット可のごくごく一般的な賃貸で飼っています

 

よく部屋が狭いとストレスを感じやすいと言われますが

あまりストレスがかかっている感じではありません

 

1LDK程度の広さをオススメする理由は3つあります

住み分けができる

少なくともリビングと寝室など2部屋以上あると一時的な住み分けが出来るのでオススメ!

猫が勝手に開け締め出来ないようなドアノブが付いたドアが望ましいですね

実例を紹介します☺

 

例:掃除したいとき

猫はいきなり大きな音がするのが嫌いです

特に掃除機の音はなかなか慣れないようで、毎回ゴォーッ!という音にビックリしています

なるべくストレスをかけないよう掃除をしたい時には部屋を分けています

 

例:食事のとき

猫は高い場所が好きなのでよくテーブルやソファーに上がってくつろいています

 

特に鍋やホットプレートを使っている時はやけどの危険もあるので部屋を分けています

 

また食事中トイレのニオイが気になることもないので一石二鳥です☺

 

 

留守番用の部屋を作れる

ケージ内で留守番させるのがちょっと狭そうな場合は

思い切って留守番用の部屋を作るのもオススメです

【留守番は3日まで】猫の留守番で気をつけること&帰宅後にやること 3選

 

子猫のうちはケージ内が安全

子猫は探究心が旺盛で知らないことを調べるのが好きなので

ケガや誤飲の危険性が高いです

生後半年辺りまではケージ内で留守番させるほうが安心ですが

成長につれてお気に入りの場所を見つけたり

動き回ったりとケージ内で留守番させるより部屋に出したほうが良いかも知れません

 

半年すぎるとケージでは狭そう

留守番に必要なエサ台や水飲み、トイレを設置するとかなり狭くなります

猫の体格も大きくなってくるのでケージ内ではやや狭いでしょう

 

私の場合は寝室に猫用のケージを置いており、

短期の旅行やちょっとした外出時は6帖ほどの寝室で過ごしてもらっています

ケージの扉は開けて、部屋の方の扉を閉めておく感じですね

 

 

特別な家具はなく、ベッドと棚類がある一般的なレイアウトと思います

外出から帰ったときは窓際で外を見ている(いわゆるニャルソック)か

私のベッドで寝ていることが多いです

 

 

猫の居場所を把握しやすい

家の中でいなくなっても検討がつく

猫は狭く暗い静かな場所を好みます

ベッド下やクローゼットの中、意外と多いのはカーテンの裏側ですね

1LDK程度の広さであれば、いなくなっても検討がつくので見つけやすいですよ

 

お出かけ前に探さなくていい

お出かけ前にはちょっと慌ただしくなりますよね

猫も雰囲気を察してか隠れてしまうことがあります

こうなると見つけ出すのがちょっと大変だったりしますが

1LDK程度の広さであったり、あらかじめ部屋を分けておけば

お出かけ前に猫が見つからなくて慌てることもありません

 

 

 

スポンサーリンク

部屋づくりで気をつけること

扉の開け締めを意図的に

私が在宅している間は、部屋の扉は開けておいて家の中を自由に行き来できるようにしています

ただ、クローゼットや浴室には入らないように気をつけています

 

理由は服を取りにクローゼットを開けた瞬間に入り込むことが多々あります

猫は足音なく近づくので知らず知らず閉じ込めてしまうので注意ですね

 

服や箱類を収納していて気づきにくいんですよね

猫飼いあるあるでしょうか

 

 

浴室に関しては浴槽に水が溜まった状態だと誤って落ちて溺れてしまうことがあるようなので

浴槽につかったらすぐ抜くようにしています

 

食べ物や飲み物を放っておかない

猫は腎臓を悪くしやすいので

うっかり人間の味の濃い食べ物や コーヒーなど猫に毒性のある飲み物は放置しないよう注意が必要ですね。

 

整理整頓、掃除をこまめに

猫って狭くて暗いところが大好きですよね

よくベッド下やソファーの隙間でくつろいでいるのを見かけます

ただ、こういう場所 ほこりが溜まりやすいですよね

 

私はあまりキレイ好きなほうではありませんので

愛猫がモップ代わりになってキレイにしてくれていることがあります

 

定期的な掃除と、床に物を置かずに散らかりにくいよう心がけています

たまに机の上のペンが落ちていたり、紙類が散乱していたりしますがこれはご愛嬌

 

自分の部屋だけでなく猫のケージやトイレの掃除も忘れずに☺

猫の世話が便利になる時短家電3選【忙しい・出張が多い人向け】

 

ヒヤッとした話

ここまで気を使っていても、たまにヒヤッとすることもあります

棒にゴム紐のついたおもちゃ ご存知でしょうか?

 

 

こんなのです

これをうっかり出しっぱなしで寝てしまったことがあります

 

朝起きるとこのおもちゃの

 

先端の部分と棒の部分が切れてたんですよね

そして謎に短いゴム紐

 

なんと紐を食いちぎっていました

 

2〜3日後に無事排出されましたが、誤飲は外科手術になる可能性もある大変な事態です

おもちゃの出しっぱなしには十分気をつけましょう

ほかにもボタン電池やお菓子の包み紙など

ふとした瞬間に飲み込んでしまう可能性があり注意が必要です

オススメのおもちゃはコチラ

 

まとめ

いかがでしょうか?

猫が心地よく暮らせる部屋作りについて紹介しました。

部屋が狭くて猫を飼うのを諦めているという方は意外と多いです

小さめの猫を検討してもいいですね♪

【賃貸・マンションでも飼いやすい】大人しい性格の猫種3選!

【小さい猫と暮らそう】飼いやすい理由3選&小型猫13品種まとめ

この記事を書いた人
すーぴー

すーぴーです.転勤族で白猫と暮らしています.
転勤や出張が多いけど猫を飼いたい,賃貸やマンションで暮らしているけど猫と暮らしたい,そんな方へ向けてお役立ち情報を発信していきます.

猫 / 旅行 / 便利グッズ etc.

すーぴーをフォローする
スポンサーリンク
すーぴーをフォローする
すーぴーにっき

コメント

タイトルとURLをコピーしました